村井長庵

村井長庵(『江戸の悪』)_edited.jpg

村井長庵(むらい ちょうあん)

天保の頃(1840年頃)

三河(愛知県)の貧農の生まれで、出世を願い江戸へ出て麹町の町医者となる。義弟重兵衛が娘を吉原に売った金を奪い殺害。その罪を自分の患者である浪人になすりつける。その後も実の妹を仲間を使って殺害するなど、極悪非道の限りをつくすが、やがて大岡裁きの前に罪を白状。河竹新七(黙阿弥)により「勧善懲悪覗機関(かんぜんちょうあくのぞきからくり)」として歌舞伎化された。

●外題: 村井長庵(むらい ちょうあん)

●種別: 騒動物(大岡政談)

●時代: 江戸後期・天保の頃(1840年頃)

●場所: 江戸

●主な登場人物: 村井長庵、重兵衛(長庵義弟)、お登勢(長庵実妹)、三次、瀬戸物屋忠兵衛

●メモ:歌舞伎狂言「勧善懲悪覗機関(かんぜんちょうあくのぞきからくり)」(黙阿弥作、別名題「村井長庵巧破傘(むらいちょうあんたくみのやれがさ)」)にあたる

 

●主な内題

お小夜身売り

重兵衛殺し

お登勢の最期(雨夜の裏田圃)

久八の生立ち

小夜衣・千太郎

  馴初め 長庵の語り

  久八放逐  さみだれ噺

  千太郎殺害

瀬戸物屋忠兵衛

 

 

大岡仁政録村井長庵之記(特11-948).JPG
村井長庵 人物相関図