• わたし

怪談

今夏は怪談を多く聴いた気がする。思い出になるような会が多かったせいかな?

以下、時系列にそって記しておく。

「鍋島の猫騒動 佐賀の夜桜」 7月赤坂・峰村「松之丞ひとり会」

「村井長庵 雨夜の裏田圃」 末廣亭7月中席夜席

「小幡小平次」 7月朝練講談会(怪談特集) お江戸日本橋亭

「牡丹燈籠 お札はがし」 〃

「真景累ケ淵 宗悦殺し」 8月『西遊記』大阪の旅 道頓堀ZAZA

「怪談 怨みの片袖」(江島屋騒動) 8月京都・高台寺講談会

「村井長庵 雨夜の裏田圃」 8月「東西講談親子会」国立演芸場

「新吉原百人斬り お紺殺し」 〃

「江島屋騒動」(怪談 怨みの片袖) 〃

「乳房榎」 〃

「四谷怪談 お岩の無念」 8月若葉会 お江戸日本橋亭

男の幽霊が出てくる珍しさから「小幡小平次」は印象に残った。

京都の高台寺はその場の雰囲気やその日の暑さや雷や、話自体の怖さ、すべてが一番の思い出。

「新吉原百人斬り お紺殺し」、ああ、これは紀ノ川の川音が耳に残るような錯覚すらある。

怪談だけでもこんなにある。

分け入っても分け入っても、講談の豊饒さ。

タグ:

Recent Posts
Archive
Search By Tags