畔倉重四郎

Edited Image 2016-07-23 03-44-55

畔倉重四郎(あぜくら じゅうしろう)
~1726(~享保11) 

有馬玄蕃頭の浪人畔倉重左衛門の息子。「美男と言殊に手跡も能其上剣術早業の名を得し者」。当時25歳くらい。穀屋平兵衛の殺害をはじめとする数々の犯罪を犯し、享保11年(1726年)大岡越前守忠相に裁許され、上千住小塚原において処刑される。

●外題:畔倉重四郎(あぜくら じゅうしろう)

●種別:騒動物(大岡政談)

●時代:

●場所:江戸

●主な登場人物:畔倉重四郎、大岡越前

 

●主な内題

悪事の馴れ初め

穀屋平兵衛殺害の事

城富嘆訴

越前の首

金兵衛殺し

栗橋の焼場殺し

大黒屋婿入り

三五郎との再会

三五郎殺し

おふみの告白

城富奉行所乗り込み

重四郎召し捕り

 

畔倉重四郎(特12-648).JPG